卒塔婆通販「卒塔婆屋さん」-製造販売元、必要な時に必要な分だけお届け!

  • ようこそ {@ member.last_name @}様 {@ member.active_points @}ポイント{@ member.stage_name @} マイページ ログアウト ようこそゲスト様 会員登録 ログイン
  • 創業明治十五年 卒塔婆・角塔婆・墓標・経木塔婆 「卒塔婆屋さん」本店

    卒塔婆(50本入)-長さ3尺5寸(1060mm)

    筆がスルスルと滑るので、書くことのみに集中できます。

    地域・宗派・回忌などに応じたサイズ・等級を豊富にご用意しました。
    各宗派にあったスクリーン印刷も承ります。
    こちらにない特注品や五輪の間隔変更などカスタマイズも承ります。

    卒塔婆50本入り
    6件中 1-6件表示
    6件中 1-6件表示

    等級について

    等級A

    等級A

    柾目節がなく、大変美しい見た目となります。筆の引っかかりもなく滑らかな書き心地です。最高品質です。
    等級B

    等級B

    柾目ですが等級Aに比べ目の幅が均一ではなく、色が若干濃いめになります。また、小さな節が入ることがあります。表面仕上げはしっかりと行っておりますので、書き心地に遜色はございません。当店いちおしの等級となっております。
    等級C

    等級C

    柾目ですが、目の幅が大きく均一ではありません。また、節がございます。表面仕上げはしっかりと行っております。その分価格はお買い得となります。印刷をするお客様には一番のおすすめの等級となります。
    等級D

    等級D

    等級Cより色味が均一ではなく濃いです。印刷がおすすめです。

    私たちのこだわり

    丸太

    1.丸太買い付け

    年に数回バイヤーが海外へ丸太を買い付けに行きます。良質な卒塔婆にするために太い丸太にこだわって買い付けします。一括大量仕入れによりコストも削減します。
    製材後の天日干し

    2.製材し乾燥へ

    バイヤーが買い付けた丸太は現地にて直ぐにある程度の大きさの板に製材し、天日干しにて乾燥させます。人工乾燥に比べ手間と時間はかかりますが、卒塔婆になったときに反りや割れが出にくくなります。
    日本に輸送された山板

    3.日本へ

    現地にて製材し乾燥させた板は等級の選別を行い規格ごとに梱包され、コンテナにて日本に入荷します。入荷後速やかに検品します。等級の選別は現地の人が行いますが、バイヤーが年に数回選別指導を現地の人に教育しております。また、日本に入荷してからも更に選別を実施します。
    山板の厚みと幅を揃えるプレナー工程

    4.厚みと幅を揃える

    入荷した板を製品のサイズになるようプレナーという機械を使って削ります。表面は2度削ることで、仕上がりに差が付きます。
    五輪の刻みを入れる工程

    5.製品の形へ

    特殊な機械を使って卒塔婆の特徴的な形に整形していきます。長さによって刻みの幅を変えるなど見た目の良さにこだわっています。この時、形が揃うようにするのが以外と難しく、ベテラン職人が細心の注意を払って作業を行います。
    卒塔婆の五輪加工の様子を動画でみる
    卒塔婆の表面を仕上げる超仕上げ工程

    6.超仕上げ

    表面をカンナ盤を使って、仕上げていきます。この工程が卒塔婆の完成度を左右するとても重要な作業となります。この工程を経て表面がつるつるで書き心地が良く、高価な筆を傷めない製品となります。
    超仕上げ加工の様子を動画でみる
    卒塔婆の角を削って滑らかにする面取り工程

    7.面取り

    一本一本丁寧に職人の手によって面取り作業を行います。板の目に逆らわずに行うことで、ささくれ等が出ないように細心の注意を払います。
    完成した卒塔婆を目視にて検品

    8.検品

    完成した卒塔婆は、検品し形が揃っているか、表面の仕上げはムラなくできているかなど、チェック項目に従って厳しくチェックします。
    卒塔婆へのスクリーン印刷工程

    9.印刷

    印刷はお客様の手書きの文字をそのまま再現出来る、スクリーン印刷で行います。特殊な機械で、均一にずれなく印刷することが可能です。原稿は現在使っているもの、データ入稿でも作成できます。
    スクリーン印刷の様子を動画でみる
    卒塔婆をスクリーン印刷後の機械乾燥

    10.印刷したものを乾燥

    スクリーン印刷した卒塔婆は専用の乾燥機へベルトコンベアで運ばれ素早く乾燥させます。自然乾燥ではインクが乾き切らないこともあり、裏写りの可能性もありますが、高温で乾燥することでインクを完全に乾燥することが可能です。印刷した当日に出荷することも可能になりました。
    卒塔婆乾燥機の様子を動画でみる
    卒塔婆印刷後の修正

    11.印刷後のチェックと修正

    印刷した卒塔婆は一本一本目視で確認し、手作業で修正や塗り足しを行い、完全な状態にします。
    卒塔婆の梱包

    12.梱包し出荷

    全ての工程を終えた卒塔婆は、輸送途中に傷がつかないように厳重に梱包します。この際、もう一度最終の検品も行います。こうしてお客様のもとへ出荷されます。
     

    公式Instagram

     

    代表あいさつ

    はじめまして「卒塔婆屋さん」代表の谷治と申します。
    「卒塔婆屋さん」にお越しいただき誠にありがとうございます。
    お客様との奇跡的なご縁に感謝し、誠心誠意対応いたします。

    私の経歴

    私は、もともと日の出町とは縁もゆかりもなく、大学卒業後都内でサラリーマンをしていました。
    実は、生まれも育ちも同じ東京都なのですが、日の出町を知りませんでした。
    日の出町の方ごめんなさい。
    結婚を期に、妻の実家に婿として入りました。
    ...続きを読む

    営業カレンダー

    所在地


    「卒塔婆屋さん」本社 (有限会社 谷治新太郎商店)
    〒190-0181 東京都 西多摩郡 日の出町 大久野 3318


    弊社本社・工場のある日の出町は、東京都にありながら自然が豊かで、春には桜並木、夏にはバーベキュー、秋には紅葉狩り、冬にはクリスマスイルミネーションに近県より多くの人たちがやって来ます。
    もともと日の出の山々にはもみの木が自生しており、この木を使って卒塔婆を作り、江戸の寺院に納めていたことから、日の出町の卒塔婆製造におけるシェアは全国の6~7割ほどとなっています。

    超詳しい卒塔婆のおはなし~その10~卒塔婆のまち日の出町

    LINEで相談
    LINEで相談