卒塔婆とは

卒塔婆のおはなし

卒塔婆とは1

1.卒塔婆の歴史

追善供養に欠かせない道具として長く受け継がれてきた卒塔婆には、時代とともに形状や役割が変化してきた奥深い経緯があります。今回は、そんな卒塔婆の歴史についてご紹介します。

卒塔婆の起源は?

卒塔婆という言葉の由来は、サンスクリット語の「ストゥーパ」だといわれます。仏教はもともとインドで生まれた宗教なので、卒塔婆も発祥はインドなんですね。
仏教の開祖・シャカが入滅すると、その遺骨は8つの部族に分け与えられました。このとき骨を納めるために建てられた塔が「ストゥーパ」です。
ストゥーパは有力部族の首長の遺骨を納めるお墓としても使われました。五重塔や三重塔など、立派な高層建築物のストゥーパもあったといわれます。
そんなストゥーパも、中国、そして日本へと渡ってきました。中国では「卒塔婆」という漢字があてられ、日本へもそのまま輸入。現在でもその言葉はしっかりと受け継がれています。

平安時代には追善供養に使われる

日本に仏教が渡ってきたのは、聖徳太子の時代の頃。仏教思想とともに、仏舎利や経典などを納める木塔の建立もはじまります。鎌倉時代になると、材料が木から石に代わって石塔が多く建立されるようになりました。
もともと、卒塔婆は死者を弔う墓所としての役割がありましたが、時代とともにその性質も異なり、直接供養の墓というより、補助的な意味合いの強い追善供養の役割を持つようになります。早くも平安時代の終わり頃には、後一条天皇の遺体が眠る墓の近くに石の卒塔婆が建てられたという記録が残っています。
平安時代の後期といえば、旱魃や地震、疫病の流行、大飢饉、あるいは僧侶や武士の反乱など、世の中が混迷を深めた時代。世の中が殺伐としていく中、厭世観や末法思想が広まり、「死後の世界はせめて安らかに眠りたい」という人々の願いは切実でした。追善供養として卒塔婆が使われるようになったのも、そうした時代背景と無縁ではないでしょう。

簡素化していった卒塔婆

時代とともに形も役割も変化していった卒塔婆ですが、とくに日本においての卒塔婆は、時代とともにどんどん簡素化・スリム化していったという特徴が見られます。
卒塔婆はもともと有力者を弔う墓塔として受け継がれてきましたが、その規模は三重塔や五重塔という豪華な建物も少なくありませんでした。しかし、墓が必要なのは王族や権力者だけではありません。最下層で生活する庶民も同じです。ところが、彼らには豪華な建物を建築する経済力は持っていませんので、粗末な石の塔で我慢するしかなかったのです。そのような事情から、庶民の間では人体を埋葬できる程度の石墓が定着していきました。
簡素化した卒塔婆は角塔婆から板塔婆となり、現在では卒塔婆といえばこの板塔婆であることはみなさんご存じの通りです。


 

2.卒塔婆の形にはどんな意味があるのか

お墓の建立と卒塔婆をセットにし、故人の供養に努めている人も多いでしょう。ところで、木材で作られた卒塔婆の形にはどんな意味があるのかご存じでしょうか。大切な個人の供養に用いられる卒塔婆ですので、その形の意味もしっかり理解しておきたいところですよね。今回は、そんな卒塔婆の形についてご説明します。

卒塔婆の原型は「五輪塔」

卒塔婆は仏教の生まれ故郷であるインドが発祥で、その語源もサンスクリット語の「ストゥーパ」から来ています。ストゥーパはもともとお釈迦様の遺骨を納めた墓塔で、仏教を信奉する有力部族の首長のお墓としても用いられてきました。今でこそ卒塔婆は木製の簡素なものですが、古代では三重塔や五重塔のような大規模建築物も珍しくありませんでした。
五重塔は、やがて「五輪塔」と呼ばれるようになります。この五輪塔の形状には古代インドの宇宙観が反映されていますが、今の卒塔婆の形状はこの五輪塔が原型であるといわれます。

五輪塔の意味と形

五輪塔は、上から宝珠型の「空輪」、半円型の「風輪」、台型の「火輪」、球型「水輪」、長方形の「地輪」というように、5つの形によって構成されています。古代インドにおいて、宇宙は5つの元素(空・風・火・水・地)によって構成されると考えられてきました。人間の世界にもこの真理が生かされた結果、五輪塔の造成にもその哲学が反映されるようになりました。現代の卒塔婆も、よく見ると五輪塔の形状をモチーフにして作られたものであることが分かります。
卒塔婆の表には、仏教の宇宙観をモチーフにした「梵字」が描かれています。現代の卒塔婆においても、古代仏教の考えはしっかり受け継がれているのですね。

その形にも意味がある

日本において、五輪塔による供養は、平安時代の中頃、密教を信じる宗派の中で生まれたという説もあります。あの小さな木製の卒塔婆の形には、壮大なスケールの宇宙観がモチーフになっていることを考えれば、とても興味深くなりますね。
卒塔婆は現在も多くの墓地や霊園などで目にしますが、その形にもしっかりとした意味があるということがお分かりいただけたと思います。こうした意味を理解することで、それまで以上に深い供養ができるかもしれません。




 

3.卒塔婆に書いてある文字の意味

卒塔婆には、表面にも裏面にも文字が書かれています。その中でもとくに目を引くのが、「梵字」と呼ばれるちょっと不思議な文字。これには一体どんな意味があるのでしょうか? 今回は、卒塔婆に書き記される梵字の意味や考えについてご説明します。とても神秘的で奥深い意味が隠されていますので、これを知れば供養に対する考えも変わるかもしれませんよ。

卒塔婆に書かれる梵字の意味

卒塔婆の表面には5つの梵字が書き記されます。読み方は、上から順番に「キャ」「カ」「ラ」「バ」「ア」となります。これらには、それぞれ意味や色、方角に当てはめた如来が決められています。
  キャ
元素
宝珠形 半月形 三角形 円形 方形
如来 阿閦如来 不空成就如来 宝生如来 阿弥陀如来 大日如来
それぞれの梵字に当てはめられた如来様の考えは絶対ではありません。あくまでひとつの考えとして参考にしてください。ちなみに密教では、「キャ=大日如来」「カ=宝幢如来」「ラ=開敷華王」「バ=無量寿」「ア=天鼓雷音」の五仏と解釈する考えもあります。また、書かれる文字やそれぞれの解釈の仕方には、宗派や地域性などで違いが見られることだけ頭に入れておきましょう。

梵字以外の文字

卒塔婆には、まず上に5つの梵字が並び、その下に「種子」「戒名」「回忌」「施主名」を書き記します。それぞれの意味は以下の通りです。
  • 種子…仏様の種という意味。通常は十三仏のどれかが当てられます
  • 戒名…受戒し、仏門に入った人の名前。つまり故人の死後の名称です
  • 回忌…「七回忌」「十三回忌」など、定められた供養の回忌です
  • 施主名…卒塔婆を立てた人の名前。最近では立てた年月日も書き添えることもあります
また、裏面にはさまざまな菩薩名や真言(お参りする際唱える言葉)の一部を梵字で表します。年回忌が済むと、回忌のところは盂蘭盆会(うらぼんえ)や彼岸会など記されます。

「梵」の意味は?

梵字の「梵」には、インドのバラモン教における最高原理という意味があります。「なぜ仏教ではなくバラモン教?」と思われるかもしれません。実は、その後「梵」という文字を神格化する考えが生まれ、それが仏教に取り入れられたといいます。古代インドでは、世界の創造主・ブラフマンを神格化したものを「梵天」といいますが、この仏様は仏教の守護神としても存在します。
そのほかにも梵という字には、「洗い清める」「神聖なもの」といった意味があります。この世のあらゆる不浄や災厄を取り除き、安らぎと幸福を授けるという思いが込められているのですね。

4.卒塔婆はいつどこに建てるのか

お盆やお彼岸といえばお墓参りのシーズンですが、その時期の墓地の風景を見ると、「あそこの卒塔婆、何だか新しくなったな」と思うことがあります。この卒塔婆ですが、どのタイミングで建てたり、建て替えたりするものでしょうか? また、適切な場所というものはあるのでしょうか? 今回は、卒塔婆を建てるにふさわしい時期と場所について説明します。

卒塔婆を建てる場所と時期

卒塔婆を建てるタイミングですが、厳密な決まりがあるわけではありません。しかし、基本的位には供養の節目に建てるのが習わしです。その供養の時期ですが、一般的には以下のようなタイミングです。
  • 法要(49日、1回忌、3回忌、7回忌など)
  • 祥月命日(故人の亡くなった月日)
  • 盂蘭盆会や彼岸会、施餓鬼会(せがきえ)など、お盆やお彼岸で実施される法要
卒塔婆を建てる場所を、「塔婆立て」といいます。これも特別な決まりはありませんが、基本的に墓石のある敷地内の空いたスペースに建てることになるでしょう。

卒塔婆はどこに依頼する?

追善供養に卒塔婆を希望する場合、事前に菩提寺や墓地・霊園の管理者に連絡しておけば、お寺側が用意してくれるので、法要当日に受け取ることができます。いつ・どのタイミングで依頼するかはお寺や霊園によって異なるので、事前に確認しておくことが大切ですね。
古くなった卒塔婆は見た目も良くなく、風などに煽られて倒れる危険性もありますので、頃合いを見て処分することになります。お寺側にお焚きあげを頼む場合もありますが、普通にゴミとして燃やしてしまっても構いません。

そもそも、なぜ卒塔婆を建てる?

もともと、卒塔婆はお釈迦様の遺骨を納める建物として造られたものです。現在の卒塔婆は故人を弔う追善供養の意味で建てられます。
追善供養とは、生きている人が亡くなられた人のために行う供養です。その名の通り、「善を追う」つまり生きている人が積んだ善が故人の善行にもなる、という考えのもとで供養が実施されます。ちなみに、浄土真宗では卒塔婆による供養は行われません。
仏教では、卒塔婆を建てること自体に善行の意味があり、それは死者を弔う年回忌や、お墓参りのお盆・お彼岸などで用意する必要があります。ただ卒塔婆を準備するだけでなく、その意味もくみ取ったうえで供養したいですね。

 

5.古くなった卒塔婆はどうするのか

追善供養に大切な役割を果たしてくれる卒塔婆ですが、お墓と違い、永遠に残るものではありません。次の法事のタイミングで取り替えるほか、古くなって処分するケースもあります。では、どのようにして処分すれば良いのでしょうか? 今回は、気になる卒塔婆の処分方法について説明します。

卒塔婆はなぜ処分する?

卒塔婆とは本来、7回忌や13回忌といった法要のため建てられるものです。塔婆の功徳は1日のみとされ、卒塔婆も法要が済めばその役割を終えます。その考えから、法事を終えた段階で処分するというのが本来のあり方です。
しかし、実際には次の日に処分されるというのは稀で、多くが次回の法事まで残されたままとなっています。とはいえ、古くなって朽ちた卒塔婆をいつまでも放置するわけにはいきません。そのままにしておくと、風などに飛ばされて通行人がケガをする事態も予想されます。見た目にも痛んできて、色あせてきたな、と思ったら、きちんと処分するようにしましょう。

卒塔婆の処分方法

卒塔婆の処分方法にはいろいろな考えがあります。仏様に関わるものですので、そう粗末に扱うわけにもいきませんよね。そのため、お寺に頼んでお焚きあげしてもらうという人もいます。しかし、墓地に他家の卒塔婆も数多く存在し、そのすべてをお寺側が処分するとなると、かなりの負担を要するでしょう。なるべくお寺に迷惑をかけないために自分で処分する、という考えもあります。
自分で処分するとなったら、そのままゴミとして出す以外に方法はありません。「そんなことをして大丈夫なの?」と思われるかもしれませんが、たとえ捨てても大切に供養したという気持ちはしっかり残されています。形にこだわるのではなく、功徳があれば大丈夫、というのが仏教の教えです。
ただ、これもお寺や地域によってさまざまな考えがありますので、不安であればほかの檀家さんがどう処分しているのか、情報を集めたうえで判断するのもいいでしょう。

処分するときも感謝の気持ちを忘れずに

卒塔婆のおかげで、大切な故人があの世で安らかに眠っていると思えば、そう簡単に捨てられるものではありませんよね。とてもありがたいものだけに、その処分に困るという人もいるかと思います。実際にはごく普通に処分されているケースが多いのですが、そのときでもただ単に捨てるだけでなく、感謝の気持ちを添えて、丁重に処分する姿勢を心がけたいですね。

6.卒塔婆料について

故人の供養を願って立てる卒塔婆。お寺の住職さんに頼んで梵字や経文を書いてもらうわけですが、これにはどれくらいの費用がかかるのでしょうか? また、封筒の書き方も気になりますよね。今回は、卒塔婆を立てる際、ぜひ知っておきたい料金の相場や封筒の書き方についてご説明します。

卒塔婆料はどれくらい? 相場は?

卒塔婆をお願いした際に支払う料金は、通常「塔婆料」といいます。これは、卒塔婆を立て、供養をしてくれるお寺側に支払う料金です。
この塔婆料ですが、卒塔婆1本につきいくら、と明確に決まっているわけではありません。寺院がそれぞれ設定する料金の基準に従って支払うことになるでしょう。相場は、およそ1本3,000円〜5,000円とされます。高くても10,000円前後と見ていいでしょう。
塔婆料の支払いに関しては、基本的に施主が責任を持って行うことになります。卒塔婆を立てるとなったら、お寺側に事前に料金の確認をしておくと良いですね。また、複数の故人の卒塔婆を立てることもありますので、その際は全員分のリストを作成し、早めにお寺に申し込んでおくようにしてください。

卒塔婆料はどうやって包む?

49日や七回忌などの法事を執り行った際、御住職に御布施を出すことになるかと思います。卒塔婆にかかる塔婆料は、お布施とは別に包みますのでその点は注意してください。
塔婆料は文房具屋さんで売っているような奉書白封筒で構いません。ただし、水引きのない白い封筒を選ぶようにしてください。
表の上部に、「御卒塔婆料」もしくは「御塔婆料」と書き、その下に氏名を書きます。塔婆料を入れたら、「〆」を入れてしっかりのり付けしてください。
金額は裏面に書かず、中に入れるメモ用紙に記入しましょう。縦書きで、右から順に「施主」「親族」「親戚」と書いて1番左端に卒塔婆料金の金額を記します。基本的にはこの書き方ですが、厳格な決まりはありませんので、参考程度にとどめてもらえれば結構です。

塔婆料以外にかかる費用は?

法事には卒塔婆以外にもさまざまな費用がかかります。先ほど述べた「御布施」と、「御車料」「御膳料」などです。
御車料はだいたい5,000円程度、御膳料は5,000円〜20,000円程度となります。ただし、これは会食に住職さんを招く際にかかるもので、必ずしも必要となるわけではありません。
お布施に関しては、気持ちを示すものですので、いくらという決まりはありません。相場が分からない場合は、親戚や他家の檀家さん、あるいはお寺の世話役を務める寺総代にたずねると良いでしょう。
塔婆料といい、御布施といい、なかなか馴染みのないものですので、いざ必要となっても料金が分からず戸惑うこともあるかと思います。事前に情報を集めたければ、菩提寺に聞くのが一番です。

7.地域によって卒塔婆の大きさや形って違うの?

一口に卒塔婆といっても、さまざまな種類があり、それによって大きさや形式も異なります。どんな卒塔婆を立てるかは地域によって違いがあるのでしょうか? 今回は、地域によって異なる卒塔婆事情について考えてみたいと思います。

卒塔婆は、地域によって異なる

卒塔婆の習慣は、地域やその土地の風習によって大きく異なるというのが実情です。地域ごとに扱う卒塔婆も異なるため、その形や大きさも違ってくるでしょう。
地域によっては、親戚同士で卒塔婆をやり取りする習慣もあります。また、卒塔婆を立てない地域、ほとんど義務化している地域もあり、卒塔婆の習慣はその土地の風習が大きく関わってくるといえるでしょう。

卒塔婆の種類

卒塔婆の種類は全部で5つ。それぞれの特徴を簡単に説明しましょう。

板塔婆

厚さ1cm、長さ60〜180?くらいの卒塔婆で、主にお墓の後ろに立てます。多くの墓場で見られる卒塔婆はこの板塔婆と考えていいくらい、一般的に用いられています

角塔婆

長さ120〜210?、厚さ10cmくらいの、四角い柱型をした卒塔婆です。先端が尖っているのは、卒塔婆のルーツである五輪塔の影響でしょう。墓石ができるまでのお墓変わりの墓標として活用されるケースもあります。

七本塔婆

長さ30〜40cmくらいの板塔婆です。初七日から49日までの期間、7日ごとの法事で使われます。

経木塔婆

板塔婆より薄く、小型の卒塔婆です。川に流して供養することから水塔婆と呼ばれることも。お彼岸や施餓鬼法要などで用いられることも多いです。

梢付き塔婆

三十三回忌や五十回忌などの弔い上げ(年忌の最後)に用いられる卒塔婆で、枝葉のついた生木をそのまま使用することから「生木塔婆」とも呼ばれます。よく用いられる木材は、杉や松、柳など。地域によっては、梢付き塔婆を普通の板塔婆で弔うところもあります。

宗派によっても大きく異なる

卒塔婆の種類や大きさ、表面に記される梵字などは、宗派によっても違いが見られます。とくに浄土真宗では、追善供養という考えそのものが存在しないため、卒塔婆を必要としません。亡くなられた人も、現世を生きる私たちも、みな阿弥陀様の功徳の中にあるというのが浄土真宗のスタンスです。
宗派や地域によって供養のかたちが異なるといえ、根底に「やすらかに眠って欲しい」と願う気持ちはみな同じです。どんな場所で卒塔婆を立てるにしても、その気持ちを常に大切にしたいですね。

8.角塔婆の歴史

卒塔婆を代表するタイプである角塔婆(かくとうば)。その歴史を知るには、五輪塔を詳しく理解する必要があるでしょう。五輪塔と角塔婆の関係とは何でしょうか? 今回は、この2つの関係性を明らかにすることで、角塔婆の歴史に迫ってみたいと思います。

角塔婆のルーツは五輪塔

角塔婆は、厚さ10cm程度、長さ120〜210cm程度の卒塔婆です。これは通常の追善供養として用いられるほかに、墓石が完成するまでの墓標の代用として、あるいは寺院が新しく完成した際の落慶法要のときに立てられます。
この角塔婆はもともと、五輪塔を原型にデザインされたものです。五輪塔をモチーフに角塔婆が造形され、それがさらに簡素化されて板塔婆になったという経緯があります。

五輪塔とは?

五輪塔は、かつて供養塔として、インドや中国、日本の有力者たちが死後の世界でも安寧を保つために競って建てたといわれます。日本においては、法隆寺や薬師寺といった供養のために建立された歴史的建築物が今でも多く存在しますが、それら三重塔や五重塔が密教の宇宙哲学の影響を受けて転化したのが五輪塔といわれます。
密教では、「地水火風空」の5つの元素が宇宙と人間世界を構成するという考えを持っていました。「空=宝珠型」「風=半球形」「火=三角形」「水=球形」「地=方形」というふうに形をなし、そのパーツをつなぎ合わせたのが五輪塔です。
かつて五輪塔婆そのものが故人を供養するための施設でしたが、墓石による弔い方法が主流となってからは次第に簡素化し、塔婆は追善供養として用いられる角塔婆へと変化していったのです。

追善供養という考え

お釈迦さまを弔う菩提塔としてのスタートした卒塔婆。今では故人を弔う追善供養の意味で、墓石に添えるかたちで立てられています。仏教には、「弔う気持ちが故人への功徳となり、さらに現世での功徳となる」という考えがあります。つまり追善供養で卒塔婆を立てることは、故人を安らかな眠りに導くだけでなく、この世を生きる私たちにもプラスとなるもの。卒塔婆を立てる際は、そんな深い仏教哲学を理解しつつ、故人を弔っていきたいですね。

 

9.板塔婆と角塔婆の違い

故人を弔うツールとして長く受け継がれてきた卒塔婆ですが、回忌や供養方法によって違う呼び方がされることをご存じでしょうか。たとえば、「板塔婆」(いたとうば)と「角塔婆」(かくとうば)。よく聞く卒塔婆の名前ですが、この2つにはどんな違いがあるのでしょか? 今回は、この両者の違いについて詳しく説明します。

板塔婆とは?

板塔婆は厚さ1cmくらいの薄い板で作られた卒塔婆です。長さ2尺〜6尺程度、つまり60?〜180?くらいの大きさ。長さに開きがあるのは、地域の風習によって大きさが異なるためです。
墓地や霊園に足を運ぶと、お墓の後ろにひっそりと立てられた卒塔婆を目にすると思います。これらはほとんど板塔婆といえるくらい、スタンダードに使われています。
卒塔婆は、長い歴史の中でその意味合いや形、大きさが変遷していきました。今私たちが目にする板塔婆は、時代の要請に従い進化を遂げてきた卒塔婆の最終スタイルといっていいでしょう。

角塔婆とは?

角塔婆の大きさは、厚さ10cm、長さ120cm〜210cmくらい、板塔婆より大きめのサイズです。角塔婆はもともと、供養塔としての意味を持った五輪塔をルーツとする卒塔婆です。角塔婆も五輪塔と同じく、空(宝珠型)、風(半球形)、火(三角形)、水(円形)、地(方形)の5つの要素から構成され、それにちなむ梵字(古来インドで仏様や菩薩様を表したとされる文字)が記されます。
角塔婆は板塔婆より用途が広く、お墓を建てるまでの間の墓石代わりの墓標として立てられる場合があります。そのほか、日蓮聖人の法要に使われたり、寺院の新築完成を祝う落成式典のときに立てられることも多いです。

ルーツは同じ

板塔婆と角塔婆の違いを説明してきましたが、実のところ、角塔婆がさらに簡素化・スリム化を遂げる中で板塔婆が生まれたという歴史があります。つまり、このふたつの卒塔婆は、ともに五輪塔をルーツに持ち、五大要素をもとにデザインされ、現代でも故人を弔う追善供養の役目を果たしてくれています。また、梵字や経文、戒名などを記載するスタイルも違いありません。厳密な違いといえば、大きさと用途くらい。これからも、故人を弔うアイテムとしてしっかり受け継いでいきたいですね。

10.経木塔婆とは

私たちの家族やご先祖様を供養するために必要な卒塔婆ですが、種類によってはユニークな弔い方法をするタイプがあります。それが今回ご紹介する経木塔婆です。水に浮かべるだけで故人を弔うこの卒塔婆の意味と役割とは? 以下にご説明します。

経木塔婆とは?

経木塔婆とは、経木とよばれる薄い木材で作られた卒塔婆です。その大きさは27?〜36?くらい、厚さがほんの1?しかしません。一般的に用いられる板塔婆の大きさが長さ1m前後、厚さ1?くらいですので、それよりはるかにミニサイズの卒塔婆であることが分かるかと思います。
地域によっては、戒名を書いたものを仏壇の前にお祀りする風習があります。経木塔婆は市販もされていて、自分で購入して戒名を書いても構わないとされています。

経木塔婆の供養方法

経木塔婆は、そこに経文の一説や戒名などを書いて川に流すことで、故人を弔います。川に流さず、水槽につけるだけの簡素な供養方法もあります。このように、水回向として用いられることから、水塔婆ともいわれます。
寺院によっては川に流さず、経木塔婆を仏壇の前に置いて供養するところもあります。地域や宗派、寺院のしきたりにそって卒塔婆での供養を行うことになるでしょう。

一風変わった供養スタイル

一般的に卒塔婆とは、お墓の後ろなどに立てる板塔婆が有名ですね。これは49日や七回忌、十三回忌や十七回忌といった節目節目の法要に合わせて追善供養する方法です。このスタイルから考えると、お経を書いて川に流す経木塔婆は少し変わった追善供養の方法といえるでしょう。
日本には昔から、お盆のお供え物を海や川に流す灯籠流しとよばれる鎮魂の儀式があります。経木塔婆と灯籠流しに密接な関係があるのかどうか分かりませんが、仏教とは関係のない民間供養にも、水を使っての弔い方法があるとは大変興味深いですよね。卒塔婆にしろ灯籠流しにしろ、昔から受け継がれてきた供養のスタイルにはそれなりに意味があることなので、今後もしっかりと受け継いでいきたいですね。

コンテンツ

営業カレンダー

2018年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930
2018年5月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031
黒:営業日

(電話受付7:00〜21:00)

赤:休業日

(FAX・サイトは年中無休24時間ご注文受付中。休業日中のご注文は翌営業日より順次発送致します。)