こんにちは「卒塔婆屋さん」代表の谷治です。今日も雨なので、イオンモール内をウォーキングして回ろうと思います。

私は、ブログ更新とSNS更新とウォーキング8kmを毎日欠かさず先ずは100日間、出来れば1000日間行うことを決めました。しかし、これがかなり辛いです。実はウォーキングがこの中では一番楽なんですね。ただ、歩けばよいだけですから。ブログとSNSはネタを考えるのがきつい、私は特にこれといった趣味もなく、行事も地域活動も今はあまり無いので、ネタが仕事のことくらいしか無いのです。内容は見返すとかなり被っていることも多いです。

ダイエット関連のブログで先日読んだのですが、人は何かを行う際、最初の66日間続ければ、習慣化されるそうです。習慣化されると、自然と日々のルーティンとなるのでその後も、普通に続けられるという理論です。私もこれらを初めて40日位になるので、10月終わる頃までには苦がなくなると信じて頑張ります。

さて、たかだかこれしきのことでも大変なのに、世の中には信じがたい修行が存在します。その名も千日回峰行です。こちらの修行は比叡山山内で悟りの境地に近づくために行われる修行で、病気でも嵐でも続けなくてはいけない、続けられなくなったときは自害しなくてはならないという凄まじい修行です。

以下Wikipediaから引用です。

概要

行者の服装(1954年7月発行の国際文化情報社「国際文化画報」より)

7年間にわたって行う。1〜3年目は年に100日、4〜5年目は年に200日行う[2]

無動寺で勤行のあと、深夜2時に出発。真言を唱えながら東塔西塔横川日吉大社と260箇所で礼拝しながら、約30kmを平均6時間で巡拝する。

途中で行を続けられなくなったときは自害する。そのための「死出紐」と、短剣、埋葬料10万円を常時携行する。

未開の蓮華の葉をかたどったをかぶり、白装束草鞋履きで行う。

堂入り

無動寺明王堂

5年700日を満行すると、最も過酷とされる「堂入り」が行われる。

入堂前には行者は生き葬式を行い、無動寺明王堂で足かけ9日間(丸7日半ほど)にわたる断食・断水・断眠・断臥の4無行に入る。堂入り中は明王堂には五色の幔幕が張られ、行者は不動明王真言を唱え続ける。毎晩、深夜2時には堂を出て、近くの閼伽井で閼伽水を汲み、堂内の不動明王にこれを供えなければならない。水を汲みに出る以外は、堂中で10万回真言を唱え続ける[3]

堂入りを満了(堂さがり)すると、行者は生身の不動明王ともいわれる阿闍梨となり、信者達の合掌で迎えられる。これを機に行者は自分のための自利行から、衆生救済の利他行に入る。

6年目にはこれまでの行程に京都の赤山禅院への往復が加わり、1日約60kmの行程を100日続ける。

7年目には200日行い、はじめの100日は全行程84kmにおよぶ京都大回りで、後半100日は比叡山中30kmの行程に戻る。

満行後

満行者で、無動寺谷明王堂の輪番職にある者は、その後2〜3年以内に100日間の五穀断ちの五穀と果物海草類の摂取が禁じられる)の後、自ら発願して7日間の断食・断水で十万枚大護摩供(別名:火炙り地獄)を行う。

満行者は京都御所に土足参内し、加持祈祷を行う。京都御所内は土足厳禁であるが、満行者のみ許される。回峰行を創始した相応和尚草鞋履きで参内したところ文徳天皇女御の病気が快癒したから[4]であるとも、清和天皇の后の病気平癒祈祷で草履履きのまま参内したからだともいわれている[5]

回峰行初百日を終えた後に立候補し、先達会議で認められた者が行に入る。


絶句です。こちらの修行の様子はYoutubeでも観ることができます。

もうなんて言えば良いのか言葉がありません。何が目的とかそういった世界ではなく、ひたすらに行う、とても真似できませんが、私も今この時を全力でやりきる様にしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA