こんにちは「卒塔婆屋さん」代表の谷治です。

本日4月9日は大仏の日です。

なぜ4月9日が大仏の日になったのでしょうか?

その起源についておはなしします。

皆さん、大仏といえば、どの大仏を想像しますか?

多くの方は、奈良東大寺の大仏を想像するのではないでしょうか。

この奈良東大寺の大仏が完成し、開眼供養会が執り行われたのが752年(天平勝宝4年)の4月9日です。

この記念日として4月9日は大仏の日大仏開眼の日と呼ばれるようになりました。

東大寺の開眼式

お墓を新しく建てた時や、仏像を建立した際に、そのままでは石や木といった物であり、信仰の対象とするためにお墓や仏像に魂を入れる儀式として開眼を行います。仏像は僧侶が最後に筆で眼を開きます。

東大寺の開眼式の際は、位の高いインド人僧「菩提僊那(ぼだいせんな)」が大仏に大きな筆で目を書き入れました。このとき、この大きな筆には長い紐が付けられ、参列した文武百官、僧1万人もの人々がこの紐を握り、仏との縁を結んだと言われています。

このときに使われた紐は縹縷(はなだのる)といい、今でも正倉院に保管されています。

聞き慣れない言葉ですが、縹とは和色の一つで明度が高い薄青色のことで、縷とは糸のことです。「縹」とは薄青色の糸という意味です。

この開眼式は孝謙天皇、聖武太上天皇、光明皇太后らが臨席のもと、五節・久米・楯伏・踏歌などの歌舞があり、仏法東帰以来初めての盛大な法会となったと言われています。

大仏とは

大仏とはその名の通り、大きな仏像を指します。中国などアジアの仏教圏においては、天然の岩肌に彫刻をした磨崖仏などが古くからつくられていました。

日本においては、今回ご紹介した東大寺の奈良の大仏が始まりと言われています。

しかし、奈良の大仏は日本最古ではないんですね。日本最古の大仏は同じく奈良にある飛鳥寺の飛鳥大仏です。

飛鳥大仏は座像(座っている像)で高さ約2.75mで立つと一丈六尺(約4.85m)となり、丈六仏といわれ、仏像の基本寸法となっていてこの整数倍や整数分の一でつくられることが多いです。

一丈六尺は昨日4月8日が誕生日であった仏教の開祖お釈迦様の身長であったと言われています。

奈良の大仏

私たち一般には「奈良の大仏」という名称で親しまれていますが、正式名称は盧舎那仏坐像といいます。盧舎那仏は毘盧舎那仏を略したもので、大乗仏教における仏の一つで、密教では大日如来と同一視されています。大日如来は密教では宇宙の真理であり、宇宙そのもの、全ての命は大日如来から生まれたと言われているので、なんだか盧舎那仏はすごい力を持っているんですね。

高さは14.7mで先ほどおはなしした一丈六尺の3倍となっています。

私も今回、改めていろいろと調べてみましたが、今で言うところの合理的というか計算され尽くしていることにロマンを感じます。

さて、奈良の大仏でもう一つ特徴的なのが、俗っぽい表現をすればパンチマーマのような髪型です。

あの独特な毛髪は螺髪といい、文献には966個と記されていましたが、2015年東京大生産技術研究所のグループがレーザーで解析を行ったところ492個であったことが分かりました。

長年定説であった966個の約半分でした。奈良時代当初は966個だったかは今となっては知る由もなくなっています。

現在奈良の大仏の螺髪1個の直径は約22cm、高さ21cm、重さ1.2kgで当初のものより大きくなっているらしいので、966個あった可能性もあり、この966個という数が伝えられてきたことに意義があるのかもしれませんね。

現代の大仏

最近では、観光スポットやパワースポットとしても様々な大仏がありますが、その中でも2つほどご紹介します。

牛久大仏

茨城県牛久市にある牛久大仏は青銅製の大仏立像で高さはなんと120m(像自体100m、台座20m)もあり、立像としては世界で6位、青銅の像としては世界一の高さとしてギネスブックに登録されています。

牛久大仏は1986年に着工し1992年に完成しました。鉄骨で骨組みがつくられ、内部をエレベーターが通っていて地上85mの展望台もあります。

牛久大仏は浄土真宗東本願寺派本山東本願寺の大仏です。

私は学生時代近くに住んでいたので、良く観に行きましたが、とにかく大きいという印象でした。成田空港も比較的近いので、周辺を良く旅客機が飛んでいるのですが、夕日と大仏と飛行機のコラボレーションはとても美しい光景です。

牛久大仏公式サイト

鹿野大仏

私どもの会社がある日の出町にも、2018年塩澤山宝光寺(えんたくざん ほうこうじ)境内の、鹿野山に鹿野大佛が完成しました。

像高 約12メートル、横幅 約11メートル。耳の長さは約2メートル。現存する坐仏としては、先に紹介した東大寺奈良の大仏に次ぐ国内2番めの大きさで、それまで2番めの大きさであった鎌倉の大仏を抜きました。

完成当時は、TVなどの取材も多く、観光客で賑わっていました。

今は落ち着いてきたようなので、密になることもなく、屋外なのでゴールデンウィークにいらしてみたらいかがでしょうか。

鹿野大仏公式サイト

まとめ

いかがでしたでしょうか。

大仏の日の由来や、大仏について、私も今回調べてみてはじめて知ったこともおおく、興味深い内容でした。

特に以下の3つは雑学としても面白いですね。

大仏の日は奈良の大仏がモノから眼を書き入れて魂が込められた日が4月9日だったことから名付けられました。

大仏はお釈迦様の身長を整数倍か整数分の一ということも分かりました。

大仏の髪型は螺髪といい奈良の大仏では966個と伝えられて来ましたが、近年数えてみたら492個でした。

さいお最後までお読みいただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA