こんにちは「卒塔婆屋さん」代表の谷治です。

4月8日はお釈迦様の誕生日ですね。

この日は灌仏会と呼ばれる仏教行事が執り行われます。

一般的には花祭りと呼ばれています。

花まつりでは参拝者に甘茶を振る舞う寺院も多いと思います。

お釈迦さま誕生の際、九頭の龍が天から清らかな水を降り注いで産湯としたとする伝説から、日本の灌仏会では、右手を天に向け、左手を地に向けているお釈迦様の像に甘茶を掛けて祝うところに由来します。

この右手を天に向け、左手を地に向けているお釈迦様像ですが、このとき「天上天下唯我独尊」と唱えたと言われています。

「天上天下唯我独尊」って聞くと、暴走族とかが特攻服に刺繍をしているイメージもありますが、実はお釈迦様の言葉だったんですね。

暴走族なんかはきっと「俺が一番」みたいな意味で使っていそうですが。本来の意味は「この世の人は、全て等しく尊い」という意味らしいです。

どうしても日々生活していると他人と比べてしまったり、あの人はとか自分はとか考えてしまいがちですが、いのちが尊いということをもう一度この機会に考えてみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA