こんにちは「卒塔婆屋さん」代表の谷治です。

本日4月8日は仏教の開祖お釈迦様の誕生日です。

インスタグラムの投稿も花まつり一色です。おめでとうございます。

さて、今日はお釈迦様の誕生についてお話しします。

お釈迦様の誕生

お釈迦様は今から2,500年前の4月8日にこの世に誕生した言われております。調べたら諸説あるようですが、2,500年ほど前という意見が多く見受けられました。

インド北部を釈迦族の王子として生まれました。

父は浄飯王、母は摩耶夫人で摩耶夫人が里帰りする途中、現在のネパール南部位置するルンビニーという村の花園、摩耶夫人がアショーカ樹の花に触れたところ、右わきからお釈迦様が誕生しました。

お釈迦様の名前は、サンスクリット語でゴータマ・シッダールタでゴーダマ=最上の牛、シッダールタ=目的を達成する人という意味が込められています。

多くの人々にお釈迦さまと呼ばれる所以は釈迦族の王子だからという説が有力です。

他に釈尊やブッダとも呼ばれています。釈尊は釈迦牟尼世尊の略で「釈迦族の聖者」「釈迦族の最も尊い人」という意味です。ブッダ(仏陀)は仏様のことで「悟りを開いた人」という意味でお釈迦様はその中のひとりで、お釈迦様だけが仏陀ではないそうです。

お釈迦様誕生時の逸話

お釈迦様が誕生されたときの有名な逸話として、生まれてすぐに立ち上がり7歩あゆみ、右手を上に左手を下に向けて「天上天下唯我独尊(私は天にも地にもただひとり尊い)」と言いました。「一人ひとりの人間が尊い存在である」という意味です。

「天上天下唯我独尊」言葉自体は有名で知っているかもしれませんが、お釈迦様の言葉だったというのは意外と知られていないかもしれませんね。

このとき、天に9頭の竜が現れて、王子の頭に清らかな水を降り注ぎ、王子の頭に清らかな風は吹き渡ったということです。

現在でも今日4月8日は「花まつり」といい、各地の寺院でお釈迦様の誕生日をお祝いしています。

花御堂に安置された右手を上に左手を下に向けたお釈迦様の誕生像に、甘茶を注ぎ、仏を供養し、子どもたちの健康を祈ります。幼稚園などでは甘茶が子どもたちに振る舞われるところも多いですね。

まとめ

私もこの業界に入るまでは花まつりという行事のことは知りませんでした。「天上天下唯我独尊」も言葉は知っていましたが、お釈迦様の言葉であることは、業界に入りはじめて知りました。

仕事で仏教についての本を読んだり、ネットで調べたりすると、色々と面白い話がたくさんあって、今度機会があればお話ししますが、お釈迦様もなんかおm凄い全能の人かと思ったら、父親と対立して家を飛び出したり、悩んだりと私達とおなじようなところも多く、それゆえ、人々の気持ちを慮ることができたのかなと勝手に思っていたりします。

今日は平日ということもあり、今週末に花まつりをより多くの人々に来てもらえるように行うお寺もインスタグラムの投稿を見てみると多いですね。

コロナ禍ではありますが、各お寺とも充分に対策を行った上で開催していますので、興味をもたれた方は近くのお寺で花まつりが開催されていたら、遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA