東京オリンピック

こんにちは「卒塔婆屋さん」代表の谷治です。

もう少しで東京オリンピックが始まります。

1964年東京オリンピックの開会式動画を観たのですが、感動しました。

行進曲、規律の取れた選手入場、オリンピックのロゴ、アナウンス、とどれをとっても完璧な完成度です。

現代のような派手な演出などは一切なく、聖火の点灯も普通に階段を登っていき着けるだけ、アナウンサーも変に騒ぐのではなく、非常に聞きやすく、きれいな日本語で、各国のオリンピックへの想いを代弁してくれています。

ロゴマークも日の丸と五輪にテキストだけ、全く無駄がない完璧なバランスと強さ、オリンピックマーチも鳥肌モノで最高です。

そして競技場もシンプル、秋の青空だけで十分。

この開会式はシンプルの中に力強さがあって、これを超えることはできないだろうなと思いました。

変にこねくり回して、演出をしまくっても、この開会式には到底及ばないと思います。

派手な演出もその場では感動するかも知れませんが、時とともに陳腐化してしまうのではないでしょうか。

侘び寂びというのか、無駄を一切削ぎ落としたシンプルさの中に本質が宿るというのか上手く表現できませんが、前回オリンピックは最高到達地点であり、これ以上は無いと個人的に思います。

時代的背景もあるかも知れませんが、私は生まれてもいませんが、相当国をあげて盛り上がったことが伺えます。

個人的には、全て前回大会と同じ演出でも良いんじゃないかと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

最近良く売れる商品

次の記事

番組撮影