ピンチはチャンス!

こんにちは「卒塔婆屋さん」代表の谷治です。今朝はだいぶ涼しく、日課のウォーキングも楽でした。来週はまた暑いみたいですね。暑さ寒さも彼岸までとは上手いこと言ったものです。

さて新型コロナウィルスによって様々な業態や業種でピンチに落っています。「卒塔婆屋さん」は今のところあまり影響は受けていません。しかし、今後影響はないとは全く思いません。むしろ、非常に強い危機感があります。

製造業は飲食業などに比べ、影響の波が遅れてくると思っています。なぜならば、経済はお金は回っているからです。巡り巡って影響の波は確実に来ます。飲食業や観光業に比べれば時間は稼げますので、その分恵まれています。

悲観的に準備し楽観的に対処する

悲観的に準備し、楽観的に対処する。これは私が経営をする上で重要にしている考えです。悲観的というのは決して置かれた状況に対して、嘆くのではなく、逆に利用するくらい前向きに考えることです。最悪の状況をシュミレーションして考えておくことです。最悪の状況に陥ったときは、ジタバタせず、自分を信じて、準備してきたことを着々とやっていくだけです。実際は難しいでしょうけど、心構えとして持っておきたいと思います。

自社の経営理念に立ち返り、もう一度サービスや戦略を組み立てておく、経営理念さえブレなければ、何でもありだと思います。

現在準備中の新サービスもあります。決まり次第リリースして行きます。ご期待下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA