カラーミーショップ大賞授賞式!

カラーミーショップ大賞優秀賞

こんにちは「卒塔婆屋さん」代表の谷治です。今日はカラーミーショップ大賞2020のオンライン授賞式でした。昨年のカラーミーショップ大賞2019では東京を代表するネットショップということで。地域賞をいただきました。昨年はまさか授賞式によばれるなど考えもしていなかったので、招待状が来たときはめちゃくちゃ嬉しかったことを記憶しています。

カラーミーショップ大賞は以前もブログで書いた通り、カラーミーショップというネットショップを作るために必要な機能を提供しているカートシステムで、ネットショップのシステムとしては日本で一番使われています。コスパとカスタマイズ性に優れ、私たちのような中小零細企業から大手企業まで幅広く採用されています。全国でおよそ4万店舗がカラーミーショップを利用しています。その中で、毎年、デザイン性や売上の伸び率、情報発信性などトータルで優れているショップが選出されます。1次審査でまず700店舗まで絞られ、2次審査で今年は42ショップが選出、この42ショップが受賞対象となります。

賞の内容は特別賞としてベスト店長賞、ベスト商品賞、ベストセレクト賞、ベストデザイン賞、新人賞、にっぽん文化奨励賞、AmazonPay賞があり、地域ごとに20ショップが選ばれる地域賞、上位10ショップが選ばれる優秀賞、優秀賞のうち最も優れているショップが大賞となります。

今年に関しては、前年がいきなり地域賞だったので、700ショップに選ばれた段階では、当然かなとも思いました。流石に授賞は今年は厳しいかなとも思いました。700ショップの段階で、どのショップもかなり気合が入っていて、年々ハードルが高くなっているからです。私もネットショップ業界に入り、多少は知識と実績もあって、他のネットショップオーナーにアドバイスをしたり、ECサイト鬼塾なんてユーチューブチャンネルを開設したりと、完全に調子に乗ってしまっているので、今年は授賞なしだと流石に恥ずかしいので、授賞の連絡が入ったときは、ほんとに安心しました。

「卒塔婆屋さん」を開店した翌年2014年からカラーミーショップ大賞は始まりました。その時は、何も知識もなく、売上も全然で、カラーミーショップ大賞などとは無縁でした。意識もしませんでした。受賞する様なショップとは世界が違う、レベルが違うと思っていました。実際に、受賞しているショップのサイトはデザインや機能性は別次元で、同じカラーミーショップでここまで出来るものかと感心しっぱなしでした。

卒塔婆は完全に斜陽産業で、弊社も少しづつ業績は厳しくなる一方でした。当初は営業に行ったり、電話営業したり、とにかくがむしゃらにやりましたが、効果はありませんでした。そこで、もうネットショップしかないと考える様になりました。しかし、正直ネットで卒塔婆が売れるなどとは全く思わず、社員を含め周囲からも「売れるわけがない」「社長はおかしい」などと反対されました。それでも「結果が出なければすぐに止める」ということで押し通し、2013年に「卒塔婆屋さん」を開店しました。ショップ名も特に何も考えず、分かりやすいというかそのままの「卒塔婆屋さん」にしました。「」はショップ名を商標登録する際に、卒塔婆屋さんだと一般的に使われているのでNGということで付けました。

最初は、少しでも売れればラッキーと言うくらいの、全くやる気もなく、サイトも最低限のレベルで、今考えると売れるわけがないという代物でした。案の定全く売れず、やっと売れるようになっても、会社の業績を支えるには全く意味が無いくらいでした。そんな折、同業他社がネットショップを回転させました。弊社に比べデザイン・機能も格段に優れ、広告もバンバン打っていました。ここでやっと気持ちに火が付きました。先ずはサイトを大幅にリニューアル、テンプレートも無料から有料のものに変更、HTML、CSSも独学で学び、セミナーがあれば参加しました。広告も勉強し出すようにしました。現場は社員に任せ、ネットショップに専念するようにしました。これがコケたら社員が露頭に迷ってしまうという覚悟で、改善を積み重ねました。

その結果、売上は伸び始め、会社全体の売上も底上げでき、社員も増やすことが出来るほどになりました。売れるようになると、周りも認めてくれ、更にやる気スイッチが入り、やれることは何でもやろうと決意し、SNSやユーチューブ動画、展示会に出展、また、お客様から意見があればすぐにサイトを改善、サイトも通常機能では対応しきれない部分は、プラグインという外部の有料機能をどんどん追加、とにかくお客様が便利で簡単に購入でき、困ったときに手助けができるサイト構築のみ目指しました。

現在では、毎日SNS更新とブログ更新をネタが無くても何とか捻り出して続けています。今でも、サイトは発展途上で未完で、毎日どこかしら弄って、更なる高みを目指す日々です。

さて、話は戻って、カラーミーショップ大賞2020の結果ですが、なんと優秀賞!!!でした。これは本当に嬉しかった。大賞と優秀賞は授賞式の最後に呼ばれるので、優秀賞が発表されるまで名前を呼ばれなかったときは、「よっしゃー!!!」という気持ちでした。優秀賞の後は大賞の発表でしたが、もしかしたら、万が一、などと人間欲深いもので、思いましたが、さすがに大賞は違うショップでした。まあ、でも十分満足のいく結果でした。私はよく他のネットショップの方に「なにか秘策はあるのですか」とか「なんでそんなに売れるのですか」という質問を受けます。今日も授賞式のあとインタビューを受けたときに「売上が上がらないで苦しんでいるショップが沢山あるので、なにかアドバイスを」と言われました。この様な質問にはいつも困ってしまいます。何か特別な秘策を使っているのではなく、特別なことは何もしていないからです。実際に先ほど述べたEC鬼塾という自身のユーチューブチャンネルでも、特別なことは言っていません。内容的には精神論、体育会系的な話ばかりです。いくつか理論的な部分もありますが、根底はショップ運営者の気合と根性という話です。

今回の受賞店舗のサイトを見ても、かっこいいデザインとか、商品力とかもありますが、一番は運営者の熱が伝わってくるサイトばかりです。新着情報がこまめに更新されている、毎日SNSを更新している、写真は商品が最も魅力的に見えるよう工夫しているなどなど、誰でもがすぐにできることです。誰でもできることでも、継続できる人はごく僅かです。だから、差が生まれます。私もSNS更新とブログを毎日更新するのは修行です。ほんとにきつい、今日は忙しかったからサボってしまおうと、何度も悪魔が囁きます。でも、誰でもやれるけどやらない継続できないことをコツコツとできるかどうかだと思います。以前ブログに書いた一日1%改善を今後も鉄の意志で続けようと思います。来年はテッペン獲る気で、お客様に最高の買い物体験を提供できるよう、気合と根性でがんばります!

カラーミーショップ大賞2020の特設サイトはこちら

卒塔婆通販サイト「卒塔婆屋さん」

卒塔婆通販「卒塔婆屋さん」
「卒塔婆屋さん」では卒塔婆はもちろん、角塔婆、墓標、経木塔婆、護摩札、絵馬なども製造販売しています。卒塔婆は1本から購入でき無駄なく便利です。決済方法もAmazonPayや楽天Payといった素早く簡単に出来るものや、クレジットカード、請求書後払いなど幅広くご用意、お客様ごとのご都合に合わせて選んでいただけます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です